これだけは避けよう!有名人に対してやってはいけないこと

勝手に写真撮影をする

街中を歩いていて、偶然に有名人に会えることができて、尋常な気持ちでいられなくなるのはよく分かります。ですが、本人に許可もとらずに勝手に写真撮影をするのだけは絶対にやめましょう。だって、よく考えてみて下さい。我々も盗み撮りされたら嫌な気持ちになりますよね?それと同じで有名人に対して勝手に写真撮影をするというのはそういうことなので、絶対にやってはいけません。それでも写真撮影がしたい場合は勇気を出して、声をかけてみるのもいいかもしれません。そうすれば、向こうも親切に対応してくれると思います。

有名人の居場所を勝手にSNSで発信する

これはスマホの使用者が多い現代でのことです。街中で有名人に会って、そのことを他の人に教えたい気持ちはよく分かりますが、これだけは絶対にやめましょう。何故ならそれが原因でその有名人のファンの方がその場所に集結し、交通網に支障が出る恐れがあるからです。下手したら警察が出動する恐れもあります。なので、有名人の方を見かけたとしても自分の心の中にしまっておきましょう。イベントなどで事前に関係者から許可が下りている場合は例外とします。

有名人の後を勝手に尾行する

有名人の方が普段何をしているのかは皆が気になっていると思います。その有名人がどんなお店を利用しているのかを知りたい気持ちもよく分かります。でも、この行動はどんな事情があったとしてもストーカーになりますので、絶対にやめましょう。さすがにこんなことをされたら有名人の方も気分を害すると思うので。それに有名人の方は多忙な毎日を送っているわけです。その中でもプライベートはとても貴重な時間です。そんな時間を誰かにストーカーされて、嫌な気持ちになったで終わってしまったらすごく可哀想です。なので、もし、有名人の方が歩いている姿を見かけたとしても「あの人は一体、これからどこに行くのだろうか」と心の中で思うだけにして、それ以上の詮索はやめた方がいいと思います。

山本英俊はパチンコ・パチスロ機の卸会社であるフィールズ株式会社の代表取締役会長を勤める他にも、糸井重里事務所の取締役や競走馬の馬主など幅広く功績を残している人物です。

未分類カテゴリーの記事