これからの時代はLED照明が主役になるのは間違いなし!

LED照明の普及が進む理由

政府は、温室効果ガスを削減すると世界に対して約束してしまいました。産業界でいくら温室効果ガス削減の努力をしたところで、目的は達成できないと言われています。各家庭がしっかりと節電対策をしなければ、厳しい目標は達成できないわけです。自動車をエコカーにしてもらえるように、政府はエコカー減税というものを導入しました。それと同じように、電球もLEDに変更してもらうことを推進しているわけですね。店舗に蛍光灯が並ばないよう、LEDがもっと使いやすくなるよう、色々な努力をしています。

LED照明しか販売されない未来がすぐそこに

今では、家庭用の水銀灯というものはほとんど見かけなくなりました。白色電球でさえ、あまり見かけなくなっています。それと同じように、このスピードでLED照明が普及していけば、蛍光灯を見かけなくなる可能性もあります。LED電球ですべて問題がなくなるわけですから、古いタイプの照明は一般の店舗で置く必要すらなくなるわけですね。そうした未来が、すぐそこまで来ているのかもしれません。今はまだ過渡期なので色々なタイプの照明が売られていますが、近い将来LEDしか売られないことも十分考えられます。

超効率時代の主役がLED

これからの時代は、超効率化が色々な分野で進むと考えられています。パソコンも消費電力量が減ってきていて、バッテリーの持ちもよくなりつつあります。どんなジャンルにおいても、小さいエネルギーで大きな仕事ができるようになると考えられているのです。そうした新しい時代の主役が、LEDなのかもしれません。街中にはLEDを使った広告看板が多くなってきていますが、今後はさらに多くの場所でLEDが使われていくことでしょう。

従来の蛍光灯パネルとLEDライトパネルの最大の違いは、維持費の安さです。LED素子は長寿命低消費電力であるため、従来品の数分の一程度の維持費で済ませられます。

未分類カテゴリーの記事